長野県松本市のセレクトショップ ブティック ヤマダドレス

セレクトショップ・ブティックを運営するヤマダドレス 企業案内と更新情報

~セーラー服にまつわる色んな歴史~

女子中学生の象徴ともいえるセーラー服。

 

今日はそのセーラー服について語っていきまーす!

 

いまではセーラー服=女子中学生

の印象が強いですよね。

 

セーラー服は元々海軍の軍服っていうのは

わりと知られているかと思います。

 

でもなぜ日本の女学生がセーラー服を

着るようになったのか。

 

気になった私がとことん追求していきますっ!

 

そもそもセーラー服はイギリス海軍がデザインしたのが始まり。

セーラー(sailor)とは船員、船乗り、水夫の意味。

 

そのセーラー服の特徴として大きな襟があります。

これは船の甲板上で風などの影響で音声が聞き取りにくいときに

襟を立て集音効果を得るためなどの諸説があるそう。

 

また、セーラー服が出来た頃の船乗りの間では、

長髪を後ろで括ってポマードで塗り固める髪型が

流行していたそうです。

でも船上ではなかなか洗濯が出来ないので、

後ろ襟や背中が脂やフケで汚れを防ぐため

なんていう説もあるそうなのですが・・・

 

どちらも定かではないそうです(・∀・)笑

 

でも納得できる諸説ですね。

 

そしてセーラー服の胸元が大きく開いて

逆三角形になっているデザインは

海に落ちた時にすぐ服を破り、

泳ぎやすくするためと言われています。

関連画像

危険を伴う航海での知恵でしょうか。

たくましいですね。

 

そのデザインの装飾として胸元にスカーフがありますが、

その起源は水兵が手ぬぐい代わりに使うための物だったそうですよ!

 

セーラー服にも色んな知恵が含まれていたんですね~。

 

イギリスでデザインされたセーラー服はその後

各国の海軍でも取り入れるようになりました。

 

それから海軍幼年学校の制服にも取り入れ始めたのが

きっかけで19世紀後半には子供服としてポピュラーになり、

男の子は水兵と同じようにズボン、女の子はスカート姿が

定着していったようです。

 

たしかにたくましい男性が着ているよりも

ちっちゃい子供たちが着ていた方が

可愛くてしっくりきます。(笑)

 

さて!ここで本題に入ります。

 

イギリスの軍服がどうして日本に伝わってきたのか。

 

それはイギリスの王室が大きく関わってきます。

 

イギリス王室のヴィクトリア女王が海兵の軍服を

気に入ったことからセーラー服を子供服として

採用したのがきっかけなんです。

 

そこからフランスの女性のファッションとしても

セーラー服が取り入れられ、

さらにアメリカの女性のファッションとしても伝わり、

そこでやっと日本へ入ったとされています。

 

今ではセーラー服は制服として用いられていますが

日本に入ってきた当初は制服ではありませんでした。

 

その当時は女性は着物で動いていたため、

動きやすい格好とは言えず、

セーラー服は運動着として使われていたんです!

 

セーラー服が運動着。。。

 

今では考えられませんね。

 

セーラー服が制服として扱われ始めたのは1920年。

京都の平安女学院が最初となります。

 

デザインは現在のような形ではなく、

上下が繋ぎとなっているワンピース型だったそうです。

 

それはそれで可愛いですね(*´ω`)(笑)

 

今はセーラー服よりもブレザーの時代に

なってきてしまっていますが上記でも

綴ったようにセーラー服の歴史は

とーーーっても長いんです。

 

いかがでしたでしょうか。

セーラー服の歴史。

 

元々は海軍の軍服。

長い長い歴史の中でたどり着いたセーラー服。

 

いまではあまり見かけなくなってしまいましたが

街中でセーラー服を着ている子を見かけたら

この記事を思い出してみて下さい(‘;’)

 

★おしまい★



 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★

Transform-Works3(トランスフォーム ワークス3)

長野県松本市中央2-2-3

☎ 0263-39-6252

お問い合わせ→http://www.yamada-dress.com/info/contact/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★




お問い合わせ等は こちらからお問い合わせいただくか
Transform-Works3 : 0263-39-6252までお気軽にご連絡くださいませ。
地方発送も承ります。1万円以上で


新着投稿をメールでお知らせするメルマガにご登録ください。
セール情報などもいち早くお知らせいたします。 <
[subscribe2]
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こちらの記事もお読みください。

コメントは受け付けていません。